車の防犯対策で考えなくてはいけないこと

車の防犯対策をする
念願の自分の車を購入したという方は、嬉しくしょうがないと思います。車の内装やパーツなどカー用品を交換して、自分だけの愛車にすることを考えているかもしれませんが、車の内装やパーツを交換する前に、まずやっておかなくてはならないのは、車の防犯です。
車を狙った犯罪では、いたずらや車上荒し、自動車盗などがあります。自動車盗は年々現象傾向にありますが、地域によっては車の盗難が相次いでいる場所もあるため、安心することはできません。
車の防犯を考える上で、重要なのは自分の車は大丈夫と思わないことです。自宅などの防犯対策と同じく、車の防犯対策も「これをやれば絶対に大丈夫」というものはありません。
どれだけ防犯対策を施していても、いとも簡単に愛車が傷つけられることだってあるのです。
車の防犯対策をやっていない人で典型的なのが、屋根付きの駐車場、施錠ができる駐車場を利用している人が、車を車庫に入れていることで安心して、有効な防犯対策を取っていなかったために、自動車盗にあったという人もいます。
実際、屋根付き鍵付きの車庫を利用している人は、車自体に防犯対策を取っていないため、車庫の鍵さえ突破すれば、車を盗むことができることから、窃盗犯に狙われることがあります。
鍵の施錠は心配無いが他が心配という方
最近はスマートキーが標準装備されている国産車も増え、車の鍵の管理はより便利になりました。少し車から降りるだけでも、スマートキーがあれば、エンジンを切り、自動でロックをしてくれたりと、大変便利です。
このスマートキーがついている車なら、他に防犯対策は必要ないと思った方もいるかもしれませんが、そうではありません。
スマートキーでも車が犯罪のターゲットにされることがあります。
それは、車上荒しや窃盗です。車上荒しの多くは、車の窓をやぶり車内に残されている現金、または高価なカー用品(特にカーナビ)を盗みます。
また、車の中だけではありません。車の外に取り付けられているパーツも盗難のターゲットにされることがあります。
車の外に取り付けられているパーツで盗難のターゲットになりやすいのは、タイヤ、そしてタイヤホイールです。
高価なタイヤホイールを取り付けていたり、新しいタイヤに交換した後などは、盗難に遭う可能性が高いため、タイヤロックなど、タイヤやホイールが盗まれないようにする防犯対策が必要になります。
そして、自分の車は改造とかホイールの交換もしてないから、窃盗犯が取りたいと思わないだろう、と思った方で、国産車の純正パーツを使っている人も注意が必要です。
日本の国産車の純正パートは、海外では人気もあり、結構な高値で純正パーツが取引されていると耳にします。
これは自動車盗難の多くのケースで共通することなのですが、国内で発生した車に関する盗難では、その盗難品が海外へ転売されていることが多々あります。
そのため、海外に売られてしまった盗難パーツや盗難自動車は二度と自分の元に返ってこないと考えたほうがいいでしょう。
どんな防犯対策が有効か
自分の愛車がいたずらや盗難に遭わないためにも、防犯対策は必須です。
特に、毎年、自動車の窃盗で狙われる人気車などに乗っている人は、防犯対策は急務です。
車をいたずらや盗難から守るためには、正しく防犯対策を取る必要があります。
・車のエンジンをかけたまま車外に出ない。
・ハンドルロックなど市販されている防犯グッズを使う。
・自動車盗など車になんらかの異常があった場合に鳴る警報を取り付ける。
・車のなかに貴重品を置きっぱなしにしない。
今からでもできる防犯対策はまだまだあります。自分がどのような状況で車を使っているか、自分の愛車が盗難される確率の高い車だったとき、どのようにして窃盗から車を守ればいいのか、その車にあった防犯対策をとる必要があります。
防犯対策は1日ではできません。継続して行うからこそ意味があるということを覚えておきましょう。
防犯対策を始めよう!
車の防犯対策は、どうしたらいいのか困っているという人は、こちらのサイトで車の防犯対策について一緒に考えていきましょう。
また、最新の防犯グッズなどの情報も紹介していこうと思いますので、防犯グッズ、防犯対策の最新情報を集めるのにも利用していただければと思います。
自宅の防犯と同じように、車の防犯も日常のなかで繰り返しできる方法を見つけることが大事です。
日常の中で取り入れることができて、繰り返し使うことができる車の防犯対策について一緒に考えていきましょう。
Copyright (C) 車の防犯対策は万全に! All Rights Reserved.